4差し替え用_NakaseroMarketWorkshop186.jpg

The World Learning from Africa

アフリカでは、多くの都市が急激な都市化の只中にあり人で溢れかえる一方で、郊外には豊かな自然や長く変わらない風景や暮らしがあります。様々な魅力的で創造的な活動も、淡々とした日常も、目を覆いたくなるような悲しい出来事も、日々そこにあります。‘ アフリカ ’ とは大陸の名前で、10億人を超える人々が生きる場所であるのに、その魅力やそこで起きている喜劇・悲劇が十分に共有されていないのは、大陸が大きすぎるからだけではないように思います。ロバート・ヴェンチューリは1972 年に『ラスベガス』(原題“Learning From Las Vegas”) を出版しました。ラスベガスという街の観察を通して当時の建築家やクリエイターが見過ごしていた、もしくは見ることを避けていた事柄にスポットライトを当て、新たな視点を与えました。急激に変化するアフリカの都市や地域を様々な方法で観察、記録していくことで、私たちが暮らす様々な都市や街、暮らしについて考えるきっかけになればと思います。ウガンダ出身の写真家Timothy Latimなど現地で観察と記録、表現や創作をつづけているコラボレーターと共に、その歪で魅力的な都市や街について探っていきます。

協力:Timothy Latim、NyaboSsebo(黒川紗恵子、田中庸介)、安西剛、石黒宇宙

樫村芙実、森純平、メイサムスバ、小林一行、美術学部建築科 樫村芙実研究室

Learning from Africaは4人の建築家によるアフリカの現在の文化やアート、建築を探る活動です。樫村芙実・小林一行(常駐歴ありアフリカ中級者)、森純平(渡航歴1回初心者)、メイサムスバ(スーダン生まれ上級者)と共に、芸大生とアフリカ学生の合同ワークショップや、アフリカにまつわるアートをウェブサイト(https://learningfromafrica.com/)で発信しています。

プロフィール_Learning from Africa.jpg