13_Arts _ Women©️イシダサキ.jpg

Arts & Women【女性作曲家 x 多次元立体音響装置・編】

政治的背景のもと日本人女性作曲家の豊かな系譜は歴史から抹消されてきました。国費留学生として初めて海外で研鑽を積んだ幸田延(1870-1946)、パリでメシアンに師事し国際音楽作曲賞の受賞という日本人初の快挙を成し遂げた外山道子(1913-2006)、フルクサスのメンバーとして60年代にNYで前衛芸術活動を行った第一人者の塩見允枝子(1938-)など、日本音楽界の発展において重要な役割を担った人物は少なくありません。しかし教科書などで華々しく扱われる同時代の男性と比して、その知名度は歴然の差です。本企画のコンサートで取り上げるのはそのような「インビジブルな女性作曲家たち」の作品です。音色や大きさの異なる16個のスピーカーを用いて音響空間を構築し、新旧東西の女性作曲家がいきいきと紡ぐ電子音楽をアクースモニウムという特別なサウンドシステムで演奏します。

後援:日本電子音楽協会  絵:「ゴキゲンヨーミナサン」©︎ イシダサキ

©︎ten goto

「現代音楽家と社会」をテーマにしたリサーチコレクティブ。牛島安希子、桑原ゆう、小出稚子、樅山智子、山根明季子、渡辺愛、渡辺裕紀子などの現代作曲家が参加した2018年8月開催のシンポジウム『中堅女性作曲家サミット(PPP Project主催)』をきっかけに、 2019年6月に正式に発足した。 オランダ、インドネシア、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ等国外での在住体験を踏まえ、 「ジェンダー」「フリーランス」「国籍やエスニシティ」「キャリアと結婚」など女性作曲家を取り巻く環境について議論や調査を重ねる。

unnamed.jpg

jwcm(女性作曲家会議)